06-08-04_21-15.jpg
我が家のかたつむりは癒し系
去年の夏に子供が庭から20匹くらい蝸牛をつかまえて小さな虫籠にぎゅーぎゅー詰めにして飼っていました。あまりにも多すぎ!ということで、秋になる前に2匹に厳選して継続して飼うことに。冬の間はじっとしていて、宅配で届いた有機白菜やキャベツをあげてもあんまり食べている気配もなく心配していたのが、春になるともりもり食べ始めて、よく動く!最近は、おお~!と感心する程の成長ぶり。すっかり私のかたつむりになっている。命名「かた」と「つむり」。

ところが先週ちょっと大きめのかたつむりを大智がまたつかまえてきて、追加。さっき大智と一緒にじっくりと観察をしていたら、「かた」と「つむり」はちょっとつつくだけで、すぐ頭を隠すけど、新米の大きな方はまったく動じずアグレッシブに指にくらいついてくる。それも家移りでもするの?というほど殻から体を出して。(体もげてなめくじになっちゃいますよ!ってくらい)新米のクセに態度のでかいこのかたつむりはきっとおじいちゃんかたつむりで、どんかんなのかな? 「かた」と「つむり」にもアグレッシブに威嚇?したり、我先にと新しいきゅうりに突進する為に「かた」と「つむり」の上を横断するようなジジーかたつむりは私としてはかわいくないので、退場願いたいのだ。「なんか外にでたいっていってるみたいだから、土の上に戻してあげようよ」と大智に提案しているのだが、却下されてしまった。う~ん、秋になる前にうまく説得して庭に戻そうっと!
    写真はほど良く首を出している「かた」