2014年02月

忙しい時に限って、、、

おとといの夜ポチャンとバケツの水の中に携帯を落としてしまいました。何時もはそんなとこにバケツに水などないのにもう!どうして!! その時は使えたのですが、翌朝静かに動かなくなってしまって、一応バッテリーを乾燥中ですが昨日からチカホのイベントに参加しているので、携帯ないと仕事になりませんもの。もうさっさと新しい携帯にしました。
携帯にしか入っていない写真とかもあるんだよな〜と思いつつも振り返って読み直したり見直したりすることもないので、すっきりとこれでいいの!と思っています。 

15年ずっと同じ番号を使っていたのですが、今回番号を変えてみました。
最後の4桁が8686ハローハローとなりました。 
そんなわけで、お仕事関係の方、知り合いの方、お友達のみなさん!
古い番号はただ今眠っていますのでごめんなさい!! 完全に乾いてもし電源が入れば住所録を移動できるのですがでなければまた0からになるのでお店にいらした時に連絡のやり取りのあった番号をおしらせくださいませ。

初めてのクロスカントリー

今日のお休みは次男と滝野すずらん公園へ行ってきました。最初はかんじきを借りてふかふかの雪の上を鳥の巣でも見つけながら散歩したいなと思っていたのですが、歩くスキーの方が遠くまで行けるんじゃないかという意見もあり、クロスカントリーのスキー板を借りて挑戦してみました。

かなりあなどっていた私はスキーパンツは履いているものの、タートルネックのセーターにカウチンセーターなんか着ていってしまったから、すぐ暑くなってしまって、途中で1枚、2枚脱ぎ、帽子もかぶるのやめて、おまけにもう手袋も外してかなり自家発電しながら3kmのコースを歩いてみました。

IMG_5848

後ろからすばらしい滑りで抜いていく方がいて、かっこいいな〜とちょっとまねてみるのですがやっぱり誰かに最初は教わらないとダメだな! と思いました。たぶん上手な人だったら2周できるところを私たちは時間をかけて1周だけ。それでもすごい運動量でした。外で冬も体を動かすのってたのしいです。今回は息子の友達も一緒に行ったのですが、帰りの車のなかで「うちの母さんだったら、座ってみてるからなんか新鮮でたのしかった」と言ってくれたので子どもたちの足手まといには、なってなかったみたいでよかった!
 

IMG_5849

帰りの駐車場に向うところで、こんなかわいいそりを持っている人がいました。形がいいな。
 

ひびきあう

火曜日に友人に誘われてちょこっとガラスの展示を見てきました。
洞爺湖在住の高巨大介さんの展示会「ひびきあう。」

5年? 7年前だったか札幌の知り合いの雑貨屋さんでこの作家さんの作品に出会って、なんだか力強い男っぽいガラスの花器を買いました。今でもお店で使っています。


IMG_5845


この左の大きな花瓶がとてもすてきでしたが、財政難により小さな花器を1つ選んでつれて帰ることにしました。以前の作品よりもやさしさが加わったようなすてきな作品です。ちっちゃい宇宙が入っているような。。。

天井からぶら下がっているつららのようなガラスがとてもいい音を奏でていましたよ。


いい音はこちらをご覧ください。

ITAL FOOD

昨日はつながるマーケットに参加した後に、ナチュラルコスメをいつも教えてくれるステキな先輩であり、良き友人であるミキさんのお誘いで彼女の友人でNYから来ているRas KushのITAL FOOD cookingのワークショップに参加してきました。

ITAL FOODはジャマイカの菜食のことで、vital food=生命に満ちた食べ物 が語源で発音がなまったのと、ラスタマンの ”I & I”  の精神からもITAL foodと呼ばれるようになったとか。

生命力のある材料で何も殺さずに塩も使わずに(ちゃんとした土から作られた野菜にはミネラルが既に備わっているからだそうです。)分量は目分量で(ここがいい)素材のおいしさを引き出した料理でした。

Kushは本当に食について詳しく、モラセスは鉄分を補ってくれるから女性にいいよとか,お豆を食べる時に体にガスを発生させない食べ方とか
たくさん話してくれました。
もっともっと教わったことはありますが、「何が食べたいのかは自分の身体に耳をすますこと」と、「アイタルフードは何も傷つけずに生命力あふれるものフレッシュなものを食べることができる」、「信用できるローカルのfarmerから直接買えるなら食材を買わせてもらうのがいい。」とKush。これは私もほんとにそう思います。



IMG_5825

これはアイタルスープを作っているところ。レンズ豆とごろんと入っているのは大きな生姜
この後にさつまいも、かぼちゃ、長いも、ココナッツミルクなども入ってコトコトとおいしくなりました♥

IMG_5834
黒豆とココナッツミルクの玄米
Tofuスクランブル


IMG_5838

知り合いがこの写真を見て、「彼は野口さんに似ている」って。うん、私もなんと言うか、、、中身がとても近いものを感じました。 カトマンズで出会ったことのあるオレンジ色の袈裟を着ていたミャンマー出身のJamesといった
お坊さんと同じ瞳をしていました。平和を求める人の瞳です。


いろいろな知恵を惜しみなくシェアしてくれたKushと彼のgood vibrationにありがとう。


冬の雪道は車はのろのろと。。。

北国で生活していると自然はすばらしく、感動する景色に出会うこともあるけれど、時に個人的にがんばってもどうしようもないときがあります。冬に車の運転をしていると怖いなと思う瞬間もよくあるのです。
いつもの通勤に使っている道でも急に視界2m先も真っ白になってしまったりどうも道が混んでいてどうしたんだろう?とのろのろと運転していると前方に事故を起こしてしまっておもいっきりひっくり返った車とパトカーが停まっていたりすることはしばしば。事故に遭わないように気をつけながら日々運転しているのですが、最近は道が詰まってくるとのろのろ運転中に周りの車のナンバーが気になります。自分の誕生日と同じだったり、どうしているかな?とふと想った友人の誕生日だったり、またはナンバーの4けたを全部足して出てきた数がたとえば数秘術の自分のエンジェルナンバーと同じだ!とか語呂合わせなんかをして頭の中はぼんやりしているような、いそがしくしているようなそんな時間が多いいです。たとえば今日見たナンバーで覚えているのは
23−19 (兄さん一句)
56−56  (ごろごろ)
38−38 (ミャーミャー)
だったりします。

それから意識して見ている中でこれが初めてだったような気がする ”本当のぞろ目”
なぜ ”本当の” と前置詞が付くかというと、「あ、ぞろ目だ」と言う人がいて,見てみると4けた中3個しか揃ってない。「おしいね」というと、「いや、ぞろ目だよ」と満足げに言う。
4けたあるんだから4つそろってないとぞろ目ではないじゃん!ってどうも腑に落ちていなかった私。なのでぞろ目好きな友人に贈ります。 私の今日見たぞろ目ナンバー
あーすっきりした!

33−33
 
記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ